スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エメラルドプリンセスその5 タウランガ

DSC03147-1.jpg




DSC02872.jpg
  マウンヌガヌイ山

1周40分ぐらいの遊歩道あり、頂上まで1時間30分ぐらい
スキーストックで上がっていく人たちを見たが、歩きなれている人でなくては、のぼりが続くので大変そう。

タウランガでは添乗員がいないバスツアー。なんとなく、他の人についていくと、胸にグループ番号の紙をつけてもらい
外国人たちと一緒についていくと、バスまで案内されて、乗り込み、大変でもなんでもなく出発。あちらのバスの運転手は
しゃべり続け・・・何を言っているかわからないから、邪魔にはならなかった。
ツアー中は目印となる人を見つけて、その人が休んでいるとは休むなどして、あまり離れずして、バスに乗り遅れないようにした。

ワイオータプ渓谷というところで火山の湖というところを見学

途中レインボースプリングスという動物園というレベルに程遠いところで休憩。
コンクリートでできた大きい鳥の模型などあり。

アイスクリームやハンバーガーなど売店で売っていたが、さすがにオーストラリア人、食べますね。


DSC02859.jpg


DSC02846.jpg

この湖を船で一周してマオリの踊りを見る。

DSC02848.jpg

個人的には、ヘリコプターや小型飛行機の遊覧のほうが楽しそうだった看板を見たら1万5000円ぐらい。
個人で旅行すると、このぐらいの費用なのでしようね。

このオプショナルツアーは9時間ほどですが26000円ぐらい。みるべところがなし・・・
12月24日クリスマスイブですが
船では特に催し物なし。クリスマスからニューイヤーまで同じような街の飾り付けです。くるみ割り人形を飾っているところが多かった。

アトラクションショーは4回ありましたがレベルは高いです。
飛鳥Ⅱに近いレベルでダイヤモンドプリンセスとは明らかに違います。

翌日はat seaでクリスマスです。何しろ今回はクリスマス、年末なので人人人です。パブリックスペースには座れるところがまづありません

スポンサーサイト

はじめての国際線で出発

機内手荷物も出来たし、浜松町からモノレールで空港へ、
添乗員さんと10時50分に合流して出発です。

この前のダイヤモンドプリンセスの寿司が大変美味しかっったので
飛鳥Ⅱの海彦でも食べてみます。 では1カ月後に・・・

フライ&クルーズにてこずる。

ダイヤモンドプリンセスでお隣になったご夫婦のお話によると、エコノミーは論外で、ビジネス、それもフルフラット。
今回は行きはフルフラットだけれど、帰りは傾きがある席みたいで、微妙に楽ではないというタイプと相成りました。
img_ビジ


5月3日のフライトにむけて、スーツケースの荷物を詰め込み終わりました。
やれやれです。4月28日に集配を依頼します。これが個人手配なら、営業所止めというのをやってみたいのですが
・・・


結局預け荷物50ℓと85ℓと機内手荷物大2+小1という具合になりました。

預け荷物はケースが規定なので、まあ入るだけということで簡単で(重量もクリアー)
したが機内手荷物にかなり悩みました。
ひとつが23㎝(大)10センチ(小)という具合となっており、荷物を入れると膨らんでしまうのですよね。広がってもまあ収まっているようなので機内手荷物にしました。

これが国内旅行なら荷物もあまりないので、ボストンバック一個で終わり・・・
これが港から港なら、これも考える必要なし。乗せたいだけ。

今回は気候が微妙なことと、ドレスコードのこと、飛行機の荷物のことが関係してくるので、パズルゲームになってしまいました。
去年の北海道、サハリンのダイヤモンドプリンセスクルーズとは手間が違いますね。
たとえばダイヤモンドプリンセスの場合に靴を例にとれば、黒い外歩き用の靴、デッキシューズを兼ねたカジュアルシューズ、フォーマル用のエナメルシューズと靴屋の様になってしまいました。
今回はフォーマルがない、月4回のインフォーマルだけ、なのでエナメルはなしでした。
ジャケット×2、インフォーマルとカジュアル用のスボンを複数枚。その他。
ドレスコードが重なってくると、普通の海外旅行の単純に2倍の荷物が必要な感じだ。
もっとも女性のほうが荷物が多いですよね。

行きはミュンヘンで乗り換えてイスタンブールなのですが、ドイツは気候が寒そうだから、ある程度の防寒(船上も)
も必要ではと、最初の予定よりもかなり増えてきました


海外旅行なので、地球の歩き方という本を図書館から借りてきて、いろいろ研究しました。
今回は海外旅行ということでも主治医に健康診断書を書いてもらったので乗船時に船医に提出ということになります。
英文診断書については旅行代理店に聴いてみても、あまり知らないようなので、やめにしておきました。
海外セキュリテイなしのwifiちょっと接続練習してみます。

ゴールデンウイークにぶつかっているので搭乗まで立って待っていたら疲れそうなので、休めるところは
ないかとルフトハンザのHPを見ていたらビジネスの場合はグループである、ANAのANAラウンジが使えるような話になっている。
ANAのラウンジはANAのチエックインカウンターの近くにあるのは解るけれど、ルフトハンザのチエックインカウンターとも近いのか・・・
現実に行ってみればのお楽しみと・・・いうよりあまり離れていると大変ですね~

行ってみてのお楽しみ~が多すぎ・・・

飛鳥Ⅱ寄港地変更 

ムンバイからコーチへ

以下の日程表になっています。
IMG_0814アカバ21

残金の支払いも終わり、だんだん現実味が。

EFBCA1EFBCA9EFBCB3E383A9E382A4E38396船舶

旅行会社から旅行代金の請求が来たので銀行に振込に行った。
振り込め詐欺とは思われないで済みました(笑)

もともと飛鳥の世界一周に乗ろうと思い。
しかし金額が1000万円を超えるため飛鳥基金なるものをつくり。ちまちまと積み立ててきて一昨年乗船の予定でしたが
義父の法事やら病気やらで機会を逸してしまい。
まあこれも運ですね・・・
それで1月ならば、医者もいいと言うので5月に1か月の地中海となっています。

積立金残っていますので、今回は添乗員がいるのですが、次回以降、個人旅行を想定して調べてみたら、
これが思いの外大変です。

特に連絡先・・・保険会社やクレジットカード、キヤッシャカード、JALやANA
どこの国に滞在しているかで国内の電話番号が異なっていたりするところもある。
それ以前に海外から電話など掛けたことないレベルなので少しパニックモード。

しかし、cruise_qm2さんに教えていただいた新生銀行のキャシュカードの請求手続きも終わり、
また、タブレットオフモードて使うGOOGLE翻訳のダウンロードといったようにすこしずつ進んでいます。

次のセレクトはスーツケースで、70リットルにするか、60リットルにするか(ソフトかハードか)と言ったところです。
最初はレンタルにしようかと思っていたのですが、取得や返還の手続きがめんどうなのでピーカンで買うつもりです。
郵船からの案内に飛行機会社のカードを持て来たほうが良いと言うので、申し込みました。

カメラは小さいのを買おうかと思っていたのですが、結局はすでに持っている一眼レフにしました。


最後まで悩みそうなのが以前にも記事にしたタブレットのwifiの問題です。
フリーはセキュリテイの問題あり、レンタルは1日当たり1080円だけれど30日ぐらいなので良い値段になりそうだし、
 ただレンタル用品の安心パックといったものは、海外旅行保険の損害賠償責任の範囲内なので、とくにかけることもないので、1080円だけということになりそうです。

ただJTBのホームページを見ると、海の上ではレンタルでも繋がりにくいみたいで・・・
街中でなくても寄港地でも繋がるレベルみたいです。
船旅でなければ、レンタルやホテルで無料Wwifiという手も大いに考えられるのですが、どうなる事やら
さらに調査中・・

タブレットでは地図を見ようかと思っていたのですが、飛鳥Ⅱがくれるだろう寄港地の地図を加工するといアナログ処理
(蛍光ペンなど・・・笑)でもいいかと。

あまり準備ばかりでもなんですから、
GOOGLEMAPやAISなどを見て楽しんでいます。

プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。