スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の光は静かにふりそそぐ

麗しの船旅2
海



ピアソラの曲にスール(南へ)というものがあるが、船旅の醍醐味はやはり南へ・・・だろう。

最近の船旅は日本列島を回るというのが主流になってしまい、現地での、いろいろなオプションツアーが付いている。
いつも、日本列島が見えているというのは、なにか外洋に出たという感じがなく、
面白みに欠ける。やはり、船旅は、憧れのハワイ航路といったところか。。。


真冬に、日本を南へ向けて出航し、次の日あたりになると、すでに、風は温かく、開放的な気分になれるが、
真夏に、ギラギラした太陽の下、出航して南へ向かうと、どうなるか・・・

太陽は、その輝きを増し、ジリジリと焼き付けるような状態になり、まさに真昼の太陽の元では、誰も甲板に出てこない。
太陽の光とは恵みの光というわけにはいかない。。。

鳥島近海で、360度海の中、トローリングの様子を見ながら、焼き尽くされるような太陽の元にいるのは、まさしく非日常・・


夜、船は、エンジンを停止し、音のない世界になった・・・音がない?

海は、つねに波の音がするものだ?

海上は、まさしく、月の光を浴び、ビロードを敷き詰めたようなで、海の上を歩いてみたい誘惑に駆られる
ほどだった。山奥で、静まり返っている湖に出逢ったような・・・・
これは、まさしく月の狂気。ルナテック


後で、船長に聴いてみたが、一年のうち、このような状態になるのは、1~2回という話だった。
その後船旅で、このような光景に出逢ったことはない・・・一生に一度の非日常の風景だったのだろう。。。

現在の船旅はかなり企画化されており、ブリッジ見学などは、どの船でもやっているが、名船オセアニックグレイスのように、エンジンルーム見学をさせてくれるものはない。

船底で、大きなエンジンが、ぐるぐる回っているのは壮観なものだ。トローリングなども大型客船では出来るはずもなく。。。
ある意味、非常に個別性のある船だった。

このような、ルナテックな光景の後、どうなったか。。ある意味、予想は出来たのたが、翌日は、大しけで、船は木の葉のように海上を漂うことになった。
(2万トン級の船なら、まさしく大船に乗ったようにで、台風の直撃を受けてもさほどではない。)

嵐の前の静けさですね・・・・

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

麗しき船旅

オセアニックグレイス

写真は昭和海運のオセアニックグレイス。1997年に、売却された。
5000総トン余りの小さな船だが、最大客数120名に対しスタッフ70名。
実際の乗客数からみると、ほぼ一対一程度の割合だった。大変贅沢な船だ。

この船の悲劇は時代に先駆けて登場したという点にある。
この船は、2万トン以上大型客船の船旅に飽きた人達が、密かにプライベート感覚で乗るべき船だった。。。

東京から南に500キロ、鳥島が位置する。さらに南へ500キロ、小笠原諸島が位置する。

売却される寸前、鳥島クルーズに参加した。
客船というとリタイヤした人がゆったりとした船旅を楽しむというイメージが強いが、鉄道オタクと同じように
船オタクというのも存在する。

この、船旅では、けっこうそのような種族の若い連中が多かった。


鳥島謎


写真では何を話しているのだろうか?

実は、鳥島付近に燃料切れで漂流していた24人乗船の外国のマグロ漁船で、11人死亡という大量の殺人事件があった。
客船は海上保安庁の要請を受けて、併走している状態である。

日本の遠洋漁業でも、かっては、殺人事件が起きていた。住環境の劣悪さと閉塞空間のなせる業であろう。

漁船では、なまなましい現実があり、そこから、見える範囲に、客船という安全空間がある。
ある意味、日本人が、世界平和を論じているようなものかな・・・

前振りが長くなったけれど、本当に書きたいことは次回に続く。

次回予告。。。『二度とない非日常』

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。