荷物はどうするか

荷物については、今まで国内の船旅の場合には、二人で40リットル程度のソフトタイプのスーツケース。ボストンバッグ20リットル~30リトル程度。
それと、男性フォーマル用とインフォーマル用をガーナメントで別に手に持つといった具合だったが、
前回のダイヤモンドプリンセスの北海道クルーズでは10日間と航海期間が長かったが、フォーマルがないことだし、大きくなくても良いだろうと50リットルのハードタイプのスーツケースを追加で買い、40リットル、50リットル、ボストンバッグという容量だったが、帰る時も杯にはならず余裕があった


それで今回はどうするかですね。。
ガーナメントは飛行機を使うので面倒と考えスーツケースに入れることにしたので、40リットルソフトケースは少なすぎるではないかとか考えているわけです。
何しろ今まで船旅が殆どで、飛行機も10年ぐらい前に小松空港に行ったのが最後という具合なので、飛行場のシステムも完全に忘れ去っており、添乗員さんにお任せ状態です。
今回は30日程度のクルーズなのでかなりの容量が必要かなと思っていたら、ダイヤモンドプリンセスで一緒になったご夫婦から、15日を超えれば、何日だと同じということをお聞きしたので、40リットルソフトケースは止めにするのは当然としても、あまり大きくなくてもいいのかな~という具合です。

で一応60リットル程度のスーツケースを買おうかと考え、有楽町のビックカメラまでいって調べてみたら、60リットルあたりが良く出る大きさだと言うことでした。またその他にも軽重にかなりの違いがあり、なんか迷うところでした。
またボストンバッグの代わりに機内手荷物サイズのバックバックを聴いてみたら一種類の28リットルのタイプならokで
その他は機内手荷物から外れる場合があると言われました。

飛行機が絡んでくると経験値とが存在せず・・・




その他タブレットを持っていく気マンマンになってきたので、いろいろ便利グッズを探しました。

防水ケース
首からぶら下げることも出来、この大きさはちょうどよいという感じ。ケースの上から操作できるのでひったくられることもないでしょう(笑)


4128WHExu0L.jpg




落下防止タブレットの場合には、タブレットの横幅と重さにも関係するが、持つ方向によっては痛いかも、でも概ね差し支えない、はるかに落下する可能性は少なくなる。

71v887+glfL__SL1500_.jpg

本で今までいろいろ検討しましたが、やはり船旅ブログの皆さまのブログが一番為になります。
イスタンブールやバロセロナ、地中海などの記述をみると、旅行本では解らない、知りたいところが出ていて
初めての海外旅行にとっては、感謝も感謝といったところです。
私も、お返ししませんと。
スポンサーサイト

中東情勢について

どうなるかと思っていたら送られてきました。

DSC02494ccc.jpg

この様子だと航行しそうですね。

さてこのところ調べていたのが、wifiなどの通信手段でした。

DSC02488cc.jpg

この海外におけるwifiについては、
①、上記のような船の通信手段を使う。航海中でもそこそこ使えるかも。かなり高い。まあ除外ですね。
②、海外旅行用レンタルルーターでwifiの電波を拾う。タブレットのインタネット環境の設定・・IDとパスワードはルーターの裏に書いてあるので、タブレットを操作して、ルーターを使えるように設定する

③ 無料のwifiの電波を拾ってインターネットにつなげる。
たとえば、ホテルだったら、無料のwifiサービスがあるところもあるのでパスワードなどを教えてもらい接続、カフェでも教えてもらえるかも知れない。
市町村でも登録すれば使えるそうだが、現実にはやり方が解らないので無理そう・・・
cruise_qm2さまに教えていただいたのがこの方法。
②か③のどちらですね。

海外レンタルルーターにするとドコモほどではないけれど30日近くなると結構なレンタル料となる。悩ましい・・・

次にユーロの調達の問題・・・
クレジットカードは危なそうなことが旅行記に書いてあったので、どうしょうかと思っていたところ、
新生銀のキャッシュカードが良いとのことなので、調べてみたら
キャッシュカードの盗難があったところで、口座残高から引き出しを1日当たり一万円を限度とすることが出来るので
これ安全と見ました。
なお飛鳥Ⅱ内部では、今まで通りクレジットを使う予定です。
飛鳥Ⅱでもユーロの換金するようだけれど、日本でユーロ札を調達してくれということです。

さて、ここでキャッシュカードが手に入ることになるので、海外ATMの使い方ということになるのですが、

visaplusというカードにすると、海外ATMの多くで使えることになります。

具体的に引出のシュミレーションはこちら

wifiについて、iかなり気になっていたところが、寄港地あたりに電波が飛んでいるかという問題。
もし、レンタルルーターを持っていって、繋がらないとすると、地上で使うことになる。地中海クルーズに行った人のブログでは、問題なく、電波は飛んでいるそうだ。
パスワードなどは日本で設定済みなので、ただ使うだけだなので簡単・・・←レンタル代金で利便性を買ったわけですね。

新生銀行のキャシュカードについてはこちら



cruise_qm2さま、さっそく新生銀行の口座を開設しようかと思います。
ご教示ありがとうございました。


ところでドレスコードルールの変更のお知らせがありました。
区間クルーズにおける最初の予定ではフォーマルナイトがあったのですが、インフォーマルに変更になりました。
カジュアルでジーンズの着用が認められたとあります。
個人的には、昼ならいざ知らず、そこまで崩さなくてもよいだろうと言う気がしますが、これもクルーズ人口を増やすための施策なのでしょうね。


世界一周区間クルーズすでに疲れる。

長くなりそうだったので続編です。
『パイプの煙』ではないので続々以上はないと思いますが。

a01_12.jpg


国内旅行ならあり得ないことだけれど、
海外旅行については無知なものだから、いろいろ調べることになる。

旅行の仕方本を読んでいると、イタリアなとででは食事をするところがパール、カフェ、レストランがあるみたいだが、
レストランの服装要件は緩いのか、喫茶だけでも入店しても良いものやら?

ATMの操作方法。クレジットカードは飛鳥Ⅱの船内で使うため持ってくけれど
クレジットカード、パスワードをスキミングされたりして、現金を引き出されるとか、スリに回りを取り囲まれ、スラれる。
スーツケースを勝手にポーターのように運び、運び賃を請求されるだとか、マイナスイメージのことが結構書いてある。
このまえダイヤモンドプリンセスで一緒になったご夫婦の話だと、知人がひったくりにあったとか、夜は出歩かないほうが良いなどと、治安が悪いようなことを言われていました。

その他、タブレットを持っていこうかと思っているのですが、この前のダイヤモンドプリンセスのときは、地上の灯りがみえる位置なのに、海上ということで、タブレットでインターネットが見れなくなった
ということがあったので、地中海はどうなるのか?
これは現実に行ってみないと解りかねますね・・

格安のwifi機器のレンタルがあるみたいだけれど、はたして上手に設定できるのか、
ドコモなら聞けば教えてくれて設定までもやってくれるだろうけれど、使用料が1日3000円ぐらいかかるようで
30日のルーターレンタルだと30日として9万円・・・
どうしますかね・・・全然使えず荷物になったら残念ということになるでしょう。
ダメージを軽減するため一度1週間程度の海外旅行で試してみたいものだと思います。

だいたい陸上にいるときには使う機会があまりないことでしょうから・・・
ダイヤモンドプリンセスのご夫婦は、旅行には思っていないことがあり、それも楽しいなどどいってましたが・・・

本や、聞いた知識が増えていくに従い、かなり疲れてきました。(笑)
イスラム国のためにこのところ航路の状況に変化が生じたものだから、世界一周に出港する飛鳥Ⅱをどうするか
いまごろ、日本郵船はバタバタでしょう。

私としても、いろいろ調べたところで中止になったらどうしょうもないのですけれど。

ダイヤモンドプリンセスでは、円とドルとの自動両替機の使い方が解らなかったけれど、
クレジットカードによる現地通貨引き出しについては
引出方法の仕方
が解ったのでリンクしました。

このほか、言葉の問題、う~ん、さらに疲れました(大笑)

.ピアソラのタンゴ

20150210タンゴ

すみだトリフォニーホールに、七重奏を聴きに行った。
ビバルディとアストロピアソラ四季が演奏された。
ビバルティの秋、冬、春、夏、有名の一般に知っているパートを引いてくれたので解った。
ピアソラの四季も秋から始まり夏に終わった。

どちらもクラッシックだなあと思った。
クラッシックには、どこか背筋が伸びた感じがある。第一バイオリンの弦さばきは綺麗なものだった。
ちなみに七重奏はアコーディオン、第一、第二バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、ピアノだった。

最近のフィギュアースケートではタンゴの曲が良く使われているが、まずピアソラ・・・

アコーディオンなのでバンドネオンのような切れ味がないので、雰囲気が違うのだけれど、ブーラボーでした。

昔からのアルゼンチンタンゴのファンには、けっこうこだわりがありピアソラ嫌いが多かったりする。
確かに、ピアソラ前のタンゴはリズムは、もっと解りやすいのですが・・・
今回はピアソラのスローな曲では一番好きなオブリビィヨン(忘却)がラストで、お決まりのアンコールは再び秋でした。
やはりタンゴは静かに終わってはマズイ。
というわけでブラボーとスタンディングしました。


DSC02487タンゴc

ちなみにトリフォニーホールはこの近くにあります。クリックすると人が見えるかも(笑)
DSC01672 スカイツリー




船と関係ない記事でした・・・
プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる