残金の支払いも終わり、だんだん現実味が。

EFBCA1EFBCA9EFBCB3E383A9E382A4E38396船舶

旅行会社から旅行代金の請求が来たので銀行に振込に行った。
振り込め詐欺とは思われないで済みました(笑)

もともと飛鳥の世界一周に乗ろうと思い。
しかし金額が1000万円を超えるため飛鳥基金なるものをつくり。ちまちまと積み立ててきて一昨年乗船の予定でしたが
義父の法事やら病気やらで機会を逸してしまい。
まあこれも運ですね・・・
それで1月ならば、医者もいいと言うので5月に1か月の地中海となっています。

積立金残っていますので、今回は添乗員がいるのですが、次回以降、個人旅行を想定して調べてみたら、
これが思いの外大変です。

特に連絡先・・・保険会社やクレジットカード、キヤッシャカード、JALやANA
どこの国に滞在しているかで国内の電話番号が異なっていたりするところもある。
それ以前に海外から電話など掛けたことないレベルなので少しパニックモード。

しかし、cruise_qm2さんに教えていただいた新生銀行のキャシュカードの請求手続きも終わり、
また、タブレットオフモードて使うGOOGLE翻訳のダウンロードといったようにすこしずつ進んでいます。

次のセレクトはスーツケースで、70リットルにするか、60リットルにするか(ソフトかハードか)と言ったところです。
最初はレンタルにしようかと思っていたのですが、取得や返還の手続きがめんどうなのでピーカンで買うつもりです。
郵船からの案内に飛行機会社のカードを持て来たほうが良いと言うので、申し込みました。

カメラは小さいのを買おうかと思っていたのですが、結局はすでに持っている一眼レフにしました。


最後まで悩みそうなのが以前にも記事にしたタブレットのwifiの問題です。
フリーはセキュリテイの問題あり、レンタルは1日当たり1080円だけれど30日ぐらいなので良い値段になりそうだし、
 ただレンタル用品の安心パックといったものは、海外旅行保険の損害賠償責任の範囲内なので、とくにかけることもないので、1080円だけということになりそうです。

ただJTBのホームページを見ると、海の上ではレンタルでも繋がりにくいみたいで・・・
街中でなくても寄港地でも繋がるレベルみたいです。
船旅でなければ、レンタルやホテルで無料Wwifiという手も大いに考えられるのですが、どうなる事やら
さらに調査中・・

タブレットでは地図を見ようかと思っていたのですが、飛鳥Ⅱがくれるだろう寄港地の地図を加工するといアナログ処理
(蛍光ペンなど・・・笑)でもいいかと。

あまり準備ばかりでもなんですから、
GOOGLEMAPやAISなどを見て楽しんでいます。

スポンサーサイト

中東情勢のため飛鳥Ⅱの航路変更か 

42509.jpg

3月3日付けで郵船クルーズから、世界一周の変更予定が送られてきました。

ヨルダンについては情報蒐集の分析の結果、
ヨルダン国内観光及び空港がアカバ港までの移動についてテロリズムの標的とされる可能性が否定できない

一方アデン湾の海賊行為ですが、大型商船のハイジャック事件は2012年5月を最後に報告されていない。
小型ボートに追跡されるなどの襲撃件数も2011年をピークに著しく減少している。
また同海域の航行については国連安保理決議に基づき同海域ら派遣され海賊行為対処業務に従事している加盟国艦船等のサポートを受けられることになった。

要するに、以上の情勢に鑑み、組込ツアーA.B.Cを取りやめ
海賊行為に対処出来たから、乗船客はそのまま飛鳥Ⅱに乗船し続け(寄港地がムンバイからコーチンに変更)、
スエズ運河を通過しギリシアのロードス島やクレタ島に寄港トルコのクサダシで当初の予定に戻る

というスケジュールを検討中ということでした。

それにしても今回はスエズ運河航行にこだわったため、とんでもないことになったものです。
日本郵船は、かなり赤字になるかも・・・
世界一周は4月4日横浜出港なので時間が迫っており郵船の社員達はいろいろ大変でしょう。

世界一周も出来ない時代がそこまで来ているのですかね。
軍艦に守られながらの世界一周は緊張感があり過ぎて、タイムレスという具合になりませんね。

そろそろ申込金の支払いをするのですけれど、さすがに高い。
まあ、これも次の突破口かも知れませんので仕方ないところです。
もし行かないなら、外国船、
シドニーから横浜のクイーンエリザベスⅡあたりに触手が動くのですけれど、いずれ又、
船旅のブログを拝見しているうちに、外国船アレルギーも弱まってきて、個人手配で旅行してやろうかなどと威勢のよい
感じになってきています。




カルメン

浜離宮朝日ホールでパーカッション。
カルメン

最後はカルメンでしたが。大編成のパーカッションはさすがで
圧倒されました。
闘牛士あたりでは手拍子などをして・・・

マリンバで主旋律をやっていた女性は、なにか踊っているような動きで、
やはり体全体で音を出しているという感じでした。

音には木や金属、音を伸ばすか止めるかなどいろいろ、打楽器にはあり、のめり込んでしまうと
編曲者は言っていました。
そしてアンコール・・・曲は
いわずもがなアランフエス協奏曲でした。
スペインの曲は、その旋律でそれと解るのはどうしてだろうか?
9月には
ギターとフラメンコを見る予定です。
チケットの発売はまだなのですが。。。。

踊りとしてみると、アルゼンチンタンゴは、やはり)もうひとつ・・
船でも踊っている年配の方達がいましたが。
けっこう年輩者の愛好家いるのですよ。
フラメンコは、好み。
バレエは、言わずと知れた・・・
ベリーダンスは本場ものを見てみたいものですそのうちトルコ旅行には行きますがオプションツアーに入っていないので無理。 そのうち個人手配で行ってみたいものです。

レク


次はレクイエムの演奏を聴きに行きます。東京大空襲のレクイエムです。

さらに準備は進む

barbara


飛鳥Ⅱの区間クルーズの催行については、2月下旬から3月上旬という話だったので、待っているのですが、
知らせがまだ届きません。
世界一周ついては催行は決まっていたのですが、スエズ運河危険とが上がったようで、
どうするのですかね。

さて一応催行ありと言うことで準備を進めています。
それにしても日本に電話をかける方法さえも知らないレベルなので、準備あり過ぎるのですけれど・・・

今回のクルーズは地中海なのですが、クルーズ最後はフランスのルーアンとなります。
本当はフランスはナントに行ってくれれば最高なのですけれど。

私のバンドルネームはbarbaraにしていますが、
私にとってシャンソンはバルバラに始まりバルバラに終わると言った具合で、その中で、『ナントに雨が降る』は
いかにもバルバラと言った曲です。
以下、ああさんのHPから。

彼女の歌は太陽がいっぱいには合わないですよね。

レンタルルータについてはト゜コモの安心サポートでタブレットの接続を聴いたので、その点は問題はなさそうですが。

空港についても、何やら広そうで。一度下見してこようかなどと弱気になっています、。

飛鳥にたどり着けば、当然、知れたるわが家と言う感じなのですが、オプションではなくて街中散策で、バールやカフェで飲み物や食事などを注文してみたいところなので、少しは、言葉の練習をしようと、超付け焼刃で
訓練しています。

スペイン語については
この方のHPを参考にさせてもらっています。

言葉とはこうでなくてはいけないですよね。なにも今ビジネスマンや学者になるわけではないので、
赤ちゃん言葉で『これはいくらででちゅか』程度でいいかも。

私も学生時代にこのような授業を受けていれば、少しはものになっていたのではないかなどと思ってしまいます。
つまらん授業だった。


プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる