スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験1

手の表現w


このバレリーナの手の表現をどのように捉えるか?
これが、エアロビクスの手なら、大きくパーに開いて終わりでしょう・・・

一歩一本の指の向きを変えることで、しなやかさを表現している。

バレリーナのこの指先の作り方。。

影絵でよくある、狐のポーズ(中指と親指をくっつける)。←指先の方向がいろいろな方向に向いているでしょう・・・ここから、中指を親指から離してみれば、写真と似通った形が出来る。

親指の位置というのが、結構重要で、手を甲の側から見た時に飛び出さないようにすると、手は細く見えます・・・

脚や手を長く見せるテクニックはバレエの表現に大きく関係している。

日常の中で使われている指は、このように、非日常の美を醸し出す。←第一回目として、無理やりのオチか?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

親指の位置

こんにちは_!新ブログ開設おめでとうございます。

この親指の位置はかなり、手首に後退させていますね。グーで握った位置よりも、パーで開きさらに後ろに下げた感じかな、・・いずれにしても細く長く見えます。

私的には中指を内側に入れているの(正面から見て人差し指が見える)が、とても印象的。
こうすると、中指、人差し指いずれも長く見えますね。

それにしても、きれいな写真です。こういう透明感のある写真を私も撮りたいものです。

一番乗りありがとうございます

プロは光に使い方がうまいですよね。
峰さんも、光を上手くつかっているので、いつも、楽しみにしています。

バレリーナさんの、指先の表現は美しいですよ。
バレエの先生も、わたしが、ぼけっとした指をしていると、よく修正にきます。
伝統的な形式美ということでしょうね。。。
プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。