ヴェルサイユ宮殿で晩餐会

すみません、忙しかったもので遅れました。


IMG_1785.jpg
ルーアンからバスに乗ってパリに向かいます。

 サービスセンターは店員一人のコンビにといった感じです。
でもトイレは5個ぐらいありました。
IMG_1784.jpg

旅行前にヨーロッパのトイレ事情を調べて、汚いとかいろいろ書いてあったのでどんなものかと思っていたが、
バールはどこでもきれいで、手をふくタオルの代わりに温風のところもあった。
もっともウォシュレットは一流ホテルにもないけれと。・・・飛鳥Ⅱも客室にはあるけれど、パブリック部分にはなかったりするのでこんなものかという具合です。

パリのホテルで少し休憩して、ヴェルサイユ行きのバスにのります。ルーアン下船のグループは同じパスです。

金ぴかの門。この門の外側に飛鳥のバスがたくさんいます。
一般客の見学が終わったところで、ぼちぼちヴェルサイユ宮殿に入ります。


IMG_1787ww_201507170015026d0.jpg


天井画、ヘラクレスがいるということです。

IMG_1793.jpg

みんなが写していたので一枚。
IMG_1796.jpg

ゼウスの間というのがどこかにあったそうですが?
ここではギリシア神話の神々が多く描かれており、キリスト圏ではないような感じです。

IMG_1800W.jpg

鏡の間です。鏡は貴重品だったそうで、ふんだんに使って王家の威厳を示したということです。
IMG_1806W.jpg


IMG_1802ww.jpg



それにしても巨大な絵画てす。
IMG_1807ww.jpg


IMG_1808ww.jpg

いよいよ戦闘の回廊で晩餐会です。
晩餐会といってもドレスコードはインフォーマルです。


IMG_1809ww.jpg

テーブルカードから推測すると参加者は500未満みたいです。
この回廊の間は、かつて貴族の晩餐会場となったのでしょうか

IMG_1810ww.jpg


フルコースということなので、シャンパンから始まり、赤ワイン、白ワインという順に出てきましたが、赤ワインが苦手なボルドーみたいだったので、白ワインを頼みましたが、やはり、シャンパン→赤ワイン→白ワインの順が良かったみたいです。
フランスの一流店だということですが、味は、大したことはありません。日本のフランス料理のほうが創作的でず~と美味しいと思われます。本当のフランス料理を味わいたければ、しかるべき料理店に行けというとでしよう。もっとも伝統的フランス料理はカロリー5000とが600などになるので肥満の西洋人みたいになるから創作料理のほうが良いのではと思います。

ただ圧倒的な違いは一つ・・・フランスパンです。これには負けました。フランスの伝統です。
これを食べられただけでも満足かと思います。←日本のフランスパンはフランスパンに非ずといったところでしょう。
今回パリのホテルで初めて食べた時は、石みたいで、こんな物食べれないと、思いましたが、しばらく食べていると味が深い・・・

IMG_1819ww.jpg


パリのホテルに泊まってパリ空港に向かいますが、
このホテルには訳が解らないところがありました。
飛鳥Ⅱのツアーであるため部屋がエグセブティブとなっており、部屋は、6階建ての6階部分です。
皆さんならご存知かと思いますが、エレベーターの6階のボタンを押せない・・・・
これ参りました。それで添乗員さんに聞いたら、カードキーを差し込むところがあり、差し込むと6階が選べということでした。調べてみたら日本にもこのようなシステムがあったのすね。
いままでこのようなホテルには泊まったことがないので・・・
イスタンブールもパリも、部屋は広過ぎと行った感じでした。
日航でも東急でもこの半分くらいかな。
またエクゼブティブの階には、専用の喫茶室があり、アルコールやソフトドリンク、ピザなどの軽食が無料提供されていました。
ビジネスマンはこういったところに泊まっているのですかね。
まあ知らない世界・・・


IMG_1829w_2015072803133816c.jpg

IMG_1830_2015072803250487a.jpg


パリ空港のチェックで、探知機が鳴って、靴をどうこう言っているみたいなのでも脱ごうとしたら、靴裏だけ見せれば良いということでした。他のツアー参加者は液体物を持っていたみたいで、スーツケースを開けさせられていました。
警備は、厳しいと思ったのですが、添乗員がミュンヘンはもっと厳しく、ピーピーと鳴っているなどと脅かされました。
私は、カメラやタブレット、腕時計、ベルトなどの金属物は機内手荷物のほうに乗せてスムーズに通ったのですが、
どうやら、メガネに反応したみたいです。

IMG_1831_2015072803141163e.jpg

往路フランクフルト→イスタンブール
復路パリ→ミュンヘン
は、どちらもビジネスクラスということでしたが、3席のうち真ん中の一席が空いているというものでした。シートは動きません。

ミュンヘンから羽田は、本格的ビジネスクラスで、爆睡でした。
で・・・起きたらメガネ紛失、CAに調べてもらったのですが、ないということで、清掃の時にあれば、お知らせするということで、荷物のターンテーブルのところで待つようにいわれましたが、結局出てこず・・・
10万円がぱー・・・今度は用心しなければなりませんね。ここでも経験値が0から1となりました。

ルフトハンザのページにログインしてしてみたら、なんかアワードということで500マイルがついており、全日空のほうは、まだ0
1か月半もかかるのに反映されません。
全行程ビジネスクラスでそれはないとは思うけれど。

次の船旅の予定としては、2016年8月のダイヤモンドプリンセスの熊野の花火大会クルーズ。早期一括払い込み済み。

もうひとつ2016年2月あたりにダイヤモンドプリンセスのニュージランドクルーズあたりを考えています。
地中海、オートスラリア、ニュージーランド、北欧、アラスカに行きたいと思っていましたが、間に合いますでしょうか?








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる