エメラルドプリンセス乗船開始  その2

シドニー着きました。
今回の参加者は12名プラス添乗員さんです。東京は冬ですのでコートを着て、空港を出ましたから、暑い・・・
参加の方に、飛行機に乗り込むまでは、着ていて、降りるときには、軽い大きい袋につめて圧縮すればよいと教わりましたなるほどです。
組み込みツアーのシドニー半日観光です。
パブリックのビーチに行きます。網が張ってあり鮫が入れないようになっているそうです。

パブリック網

シドニーということでオペラハウスがある場所に来ました。対岸にエメラルドが停泊しています。
エメラルドシドニー

軍艦もいるのですね。
軍艦シドニー

セントメリー大聖堂です。オーストラリアに伝統といえるものがないでしょうけれど、これはヨーロッパ的な雰囲気がありました。オペラハウスのすぐ近くです。
イスラム寺院のモスクでは特に神を表象するものはないのですが、やはりマリア信仰ということで、キリストが抱っこされています。

セントメアリー大聖堂

DSC02748.jpg

この後港に戻って船に乗り込む訳ですが、なにしろ、この港から、全ての人が乗り込むわけですから、大混雑。蛇のような行ったりきたりの混雑時の並び方で乗船を待ちます。たちっぱなしで1時間以上・・・

元気ではなくてはできません。日本のように手順がよいというわけではないことも一因でしよう。

上級船室や子供づれは先に入れます。今回はジュニアスイートだったのですが、当然上級というわけではなく、全て同じ条件です。
部屋にはテレビが二つありますが仕切りがないので、ひとつのテレビ画面をリモコンで切り替えると、他のテレビ画面
が動作してしまうという変な具合になっています。

またSPECIAL INVITATIONという封書がおいてありましが、キャプテンズサークルという以前プリンセスに乗った人に、シアターでスペシャルイベントがあると書いてありました。

プリンセスのカードはゴールド色で、差をつけているのかと思ったら、他の人達は、何回も乗っているのに青いカードだったり
あまり、かなり大ざっぱ感じです。

添乗員がいましたので、船内案内があります。知らなかったのですが、無料のスチームバスもあるのですね。有料も無料もジムの入り口にある。

ランドリーもあるのですが、使い方について説明を受けましたが。やはり?の部分があったみたいで、その後実際に洗濯したときに、どうやったら乾燥ができるのだろうと言うことになったようで、他の人も困っていた世で、また外国人も使い方がわからず困っていたようでした。

DSC02750.jpg


三大美港とされているオペラハウスのシドニー港です。実を言うと出港も入港もさほどとは思いませんでしたけれど。
遊覧船や連絡船がいます。

オペラハウス

定期船

ここ港のストレートな橋はきれいだったと思いました。

At See
晴れました。やはりクルーズはこうでなければなりませんね。紫外線は日本の3倍ということなので、日焼け止めを塗ってみました。当然なのだろうけどダイヤモンドプリンセスと設備は同じようです。

ただ今回は何といっても人が多い・・・クリスマスやニューイヤークルーズなどは行くべきではないです。

DSC02765.jpg

船のメンテナンス。この写真は飛鳥でも飛鳥Ⅱもにっぽん丸でも撮っていました
DSC02762.jpg

DSC02761.jpg

カジノはあまり混んでいるとは思えず、最後までこんな調子でした。

赤と黒の場所にチップを置くのはにっぽん丸で一応教わったので、お仲間がやるのを観ていました残念ながら2000円すりました。
ルーレットのナンバーは熟練の玄人なら好きなところを出せるなどお仲間がいっていましたが、ルレット伝説かな・・・

DSC02767-1.jpg

At See2日間の後、ニュージーランドに着いて、べーオブアイランズです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる