飛鳥Ⅱクルーズ乗船記②

飛鳥Ⅱクルーズ乗船記②

船には、その日のイベントや予定表を書いた船内新聞というものがある。
船旅はゆったりとした時間の流れを感ずるのもよし、いろいろなイベントや船内探索をして、動き回るのもよし。
だけど、ゆっくり甲板で寝ているというのも、短期クルーズではもったいない気がするので、動き回ってしまう。
今回の飛鳥Ⅱは初乗船だったので、船内探索でうろついていた。よって、すぐに食事の時間となってしまった。
コントラチエック
乗船口にある社交ダンスのコントラチエックのポーズの銅像

寄港地プレート
日本各地もいろいろ訪れているのですね。


翌日は快晴。。。海は、空の青を反映して美しい。

プール
あまり揺れないのだけれど、そこは船のことこんな大津波のような状態にもなる。

夏休みのはじまり
午後はまったくのなぎの状態で、子供達の夏休みが始った・・・



船首
陽が強いので、あまり甲板には人がいない・・・

保守
クルーが日常の保守をしている。こういった風景を見ながら、脚を投げだしてイスに腰掛けている
ときに、時のゆっくりした流れを感じられる。外洋クルーズの醍醐味だ。

御蔵島
かなりな断崖絶壁の御蔵島。日陰に入って風景を眺めている人達がいる。

12デッキ
一番上の12デッキは温度が45度を超えている。



クルーズの注意点②。
クルーズ料金。これは一般の旅行会社で申し込むと、パンフレット記載の値段となる。
が、常連さんたちは、船旅専門の旅行会社やそれぞれの船の会員となったりしているから、1割や2割ぐらいは安く乗船できる。わたしは今回5%引き。
多く乗ればマイル割引みたいなものもあるし、そうでなくても船旅専門の旅行会社や船の会員になっておいたらよろしいでしょう。
もちろん入会無料で、船のパンフレットやカレンダーなども定期的に送ってくれる。

伊豆七島クルーズといっても、船室のテレビ画面で航路をみると今回は八丈島まではいかず、三宅島から大島のあたりを行ったりきたりして時間をつぶしていたみたいだ。

東京湾に入ってこれまたゆっくり航行して、横浜港到着。
着岸
タクボートに引っ張られて接岸。作業を見つめる航海士。

このあと、横浜花火大会の乗客を乗せる。
新たな歓迎パーティが始り、イベントが繰り返される。
乗客にとっては非日常だけれど、乗員にとっては何気ない日常なんでしょうね・・・


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる