飛鳥Ⅱ クリスマスクルーズ2012その2

2012年12月25日飛鳥Ⅱ クリスマスクルーズその2
今回は乗船時間が異なるタイプだった。15時30分と19時で、後の19時を選択したが
・・・
これはかなり慌ただしかった。19時は次はないですね~

本来ならアスカデイリーという船内新聞を見てもらえばわかるのですが(船内新聞は今回掲載取りやめ、いずれ又・・・・、)、食事がツーシッテングというだけでなく、ショーが関係してくるから忙しくてタイムレスクルーズどころではなくなった。

DSC01778n.jpg



ところで今回の特別ゲストのメインショーは2日目の寺井尚子さんのジャズバイオリンと五十鈴ココさんの歌
ということ・・・
一日目のプロダクションショーは飛鳥Ⅱ専属のダンサーによるもので、これがあるから飛鳥に乗ろうと言う気になる。今回はクリスマスバージョンであり、さらに盛り上がる内容になった。
DSC01773n.jpg


昼食。
DSC01775n.jpg



クリスマスバージョンなのでドレスコードはインフォーマル。。。2日ともディナーはインフォーマルだが女性はフォーマルの人も結構いて、華やいでいた。

このディナーについて、昔と大きく変わったのは、2人席がベースとなっている。飛鳥Ⅱも4年前は丸テーブルが主だった。他の船は最近乗っていないので
世界標準は丸テーブルで船客がお話するというパターンだろうと思うけれど・・・
船旅好きの人が口火を切るまでの、静かなディナーの開始までの時間は楽しいものです。そしてすぐに打ち解けます。船内は広いようで、最初の丸テーブルの人達とも出会う機会が多く挨拶しているうちに下船するころは手を振ってお別れということになります・・・今でも長期クルーズの船客はそうでしょうね。

以前食事の席が一緒だった世界一周に2回行ったご夫婦が、部屋のグレードは一番安い部屋で、低いデッキのほうが良いとおっしゃていた・・・その時はそんなものか・・・と思っていたが今なら『然り』と断言できる。
客船は、船の中心部分で低いデッキのほうが揺れが少ない。←横揺れに対してはフィンスタビライザーがあるが縦揺れは船の長さで防止することになる。その他、パブリックスペースも低い階にあり近いので都合が良い。はじめて船に乗られる方は、グレードの低いほうが良いかと思います(ここだけの話ですが・・・)
DSC01792n.jpg


曇っていると海の色も曇っているというか・・・
晴れていると海の色も晴れ。
ここは11デッキの船首ですが、

この上の12デッキ(最上階には)スパ(風呂)とアスレチックジムがあります・・・

DSC01794nn.jpg

ここのマシーンは最新鋭で面白ろそうなですが、さすがに2泊3日では走る気が起きない。
スパは絶景です。日本船特有なので、ぜひとも・・・

プロダクションショーや特別ゲストによるショーは著作権が関わり、録音も撮影NGなのでポスターだけで
main_aska_121221n.jpg



写真はなしということ。。。あとは実際に飛鳥Ⅱに乗ってください。


プロダクションショーが終わった後に舞台を見るとなんで狭さを感じさせない踊りが出来るのかと感心させられる。他の船でもそうであるけれどプロは、揺れの中でも平気で踊っているように見える。

寺井尚子さんのジャズバイオリンはさすがで、席がまじかなのでピアノやドラムスとのやり取りは迫力があった。
さほどジャズが解らない身としては、ブルーノートやスイートベイジルより良いかも(私はタンゴバイオリン好きなのですが、あのジャズの乗りは凄いと思いました。)
タンゴバイオリンはどこか、心地よさというより緊張感があるのです・・・


その他マリンバの演奏もあった。初めて聴いたけれどいいですね~
私は基本的に歌より演奏が好き・・・

DSC01805nn.jpg

DSC01806nn.jpg


単なる木琴だと思ったらとんでもないですよ~
篠崎陽子 桐朋学園打楽器科首席卒業。
DSC01827n.jpg


殆どの場合9時入港・・・宅配の荷物は、部屋の前にAM7時までに出す。
これがなければもう少しゆっくり出来るのだけれどね。

楽しいクルーズはこれで終わり
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる