スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持病がある人の船旅その2

前回、持病がある場合の船旅について教えていただき、税関や入船も、バス出来そうということが解りました。

いま当方は二人の医者に診てもらっているのですが、一方は、薬はスーツケースに入れて、少量だけ手荷物で持っていけば
良いという話であり、
またもう一人は、以前記述したように様式を旅行会社に聴いてくれとい話でした。
要は、あまり詳しくはないということです。

なかなか、海外旅行英文診断書を書いてもらいましょうという具合にはいかない。
もっとも入出国審査で問題となるのは、万が一のケース、であることは間違いない。
ただ1カ月程度の旅行となると薬の量もそれなりに多くなりそうなので、用心したほうがいいか(かなり慎重)・・・

そこで、自己記入式安全カルテなるものをあるので買ってみたら、これに医者の署名をしてもらえれば良いかなという気になる。医者としても、大した手間がかからないので、これにするか・・・←飛鳥Ⅱの海外区間クルーズなら日本から添乗員も同行してくれるだろうから、どうとでもなりそうな・・・


DSC02180英文2

ところで旅行会社から該当する者がプリンセス社に提出する様式を送ってきた。
該当しない人は、簡単な質問だけ。

いろいろ調べて解ってきたことは、海外旅行英文診断書は、海外で具合が悪くなった場合の、外国の医師に対する情報提供であり、そのため、その中には薬剤証明書もふくまれる。
もし税関をクリアするだけなら、税関にとっては、入国後に心筋梗塞になろうが、脳出血になろうがどうでもいいことなので、
変な薬ではないことを証明する薬剤証明書があればいいことになる。
あまりこのようなことばかりを考えていても楽しくないので、
送られてきた、最終案内でも載せましょう。

DSC02179最終2

皆さんのプリンセスクルーズの情報提供や、写真のおかげで、
もう何度も船の中(イメージ)を歩いてしまいましたよ






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 清水っこ様

>
>
> わたしどもはアロハの236でした。
> 今回はにっぽん丸で輪投げしたときのような服装で行きます。
> ダンスはブルースぐらいですね・・・
>
> 以前飛鳥でもろに台風に遭遇して、横浜に予定日に戻ってこれず、1泊余分
> の船旅となったことがありました。。
> 今回は、台風と追いつ追われつということになるのでしょう・・・
>
> 揺れないから大船ということになりますかv-227
>
> 機会がございましたらよろしくお願いします。
プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。