中東情勢について

どうなるかと思っていたら送られてきました。

DSC02494ccc.jpg

この様子だと航行しそうですね。

さてこのところ調べていたのが、wifiなどの通信手段でした。

DSC02488cc.jpg

この海外におけるwifiについては、
①、上記のような船の通信手段を使う。航海中でもそこそこ使えるかも。かなり高い。まあ除外ですね。
②、海外旅行用レンタルルーターでwifiの電波を拾う。タブレットのインタネット環境の設定・・IDとパスワードはルーターの裏に書いてあるので、タブレットを操作して、ルーターを使えるように設定する

③ 無料のwifiの電波を拾ってインターネットにつなげる。
たとえば、ホテルだったら、無料のwifiサービスがあるところもあるのでパスワードなどを教えてもらい接続、カフェでも教えてもらえるかも知れない。
市町村でも登録すれば使えるそうだが、現実にはやり方が解らないので無理そう・・・
cruise_qm2さまに教えていただいたのがこの方法。
②か③のどちらですね。

海外レンタルルーターにするとドコモほどではないけれど30日近くなると結構なレンタル料となる。悩ましい・・・

次にユーロの調達の問題・・・
クレジットカードは危なそうなことが旅行記に書いてあったので、どうしょうかと思っていたところ、
新生銀のキャッシュカードが良いとのことなので、調べてみたら
キャッシュカードの盗難があったところで、口座残高から引き出しを1日当たり一万円を限度とすることが出来るので
これ安全と見ました。
なお飛鳥Ⅱ内部では、今まで通りクレジットを使う予定です。
飛鳥Ⅱでもユーロの換金するようだけれど、日本でユーロ札を調達してくれということです。

さて、ここでキャッシュカードが手に入ることになるので、海外ATMの使い方ということになるのですが、

visaplusというカードにすると、海外ATMの多くで使えることになります。

具体的に引出のシュミレーションはこちら

wifiについて、iかなり気になっていたところが、寄港地あたりに電波が飛んでいるかという問題。
もし、レンタルルーターを持っていって、繋がらないとすると、地上で使うことになる。地中海クルーズに行った人のブログでは、問題なく、電波は飛んでいるそうだ。
パスワードなどは日本で設定済みなので、ただ使うだけだなので簡単・・・←レンタル代金で利便性を買ったわけですね。

新生銀行のキャシュカードについてはこちら



cruise_qm2さま、さっそく新生銀行の口座を開設しようかと思います。
ご教示ありがとうございました。


ところでドレスコードルールの変更のお知らせがありました。
区間クルーズにおける最初の予定ではフォーマルナイトがあったのですが、インフォーマルに変更になりました。
カジュアルでジーンズの着用が認められたとあります。
個人的には、昼ならいざ知らず、そこまで崩さなくてもよいだろうと言う気がしますが、これもクルーズ人口を増やすための施策なのでしょうね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる