フライ&クルーズにてこずる。

ダイヤモンドプリンセスでお隣になったご夫婦のお話によると、エコノミーは論外で、ビジネス、それもフルフラット。
今回は行きはフルフラットだけれど、帰りは傾きがある席みたいで、微妙に楽ではないというタイプと相成りました。
img_ビジ


5月3日のフライトにむけて、スーツケースの荷物を詰め込み終わりました。
やれやれです。4月28日に集配を依頼します。これが個人手配なら、営業所止めというのをやってみたいのですが
・・・


結局預け荷物50ℓと85ℓと機内手荷物大2+小1という具合になりました。

預け荷物はケースが規定なので、まあ入るだけということで簡単で(重量もクリアー)
したが機内手荷物にかなり悩みました。
ひとつが23㎝(大)10センチ(小)という具合となっており、荷物を入れると膨らんでしまうのですよね。広がってもまあ収まっているようなので機内手荷物にしました。

これが国内旅行なら荷物もあまりないので、ボストンバック一個で終わり・・・
これが港から港なら、これも考える必要なし。乗せたいだけ。

今回は気候が微妙なことと、ドレスコードのこと、飛行機の荷物のことが関係してくるので、パズルゲームになってしまいました。
去年の北海道、サハリンのダイヤモンドプリンセスクルーズとは手間が違いますね。
たとえばダイヤモンドプリンセスの場合に靴を例にとれば、黒い外歩き用の靴、デッキシューズを兼ねたカジュアルシューズ、フォーマル用のエナメルシューズと靴屋の様になってしまいました。
今回はフォーマルがない、月4回のインフォーマルだけ、なのでエナメルはなしでした。
ジャケット×2、インフォーマルとカジュアル用のスボンを複数枚。その他。
ドレスコードが重なってくると、普通の海外旅行の単純に2倍の荷物が必要な感じだ。
もっとも女性のほうが荷物が多いですよね。

行きはミュンヘンで乗り換えてイスタンブールなのですが、ドイツは気候が寒そうだから、ある程度の防寒(船上も)
も必要ではと、最初の予定よりもかなり増えてきました


海外旅行なので、地球の歩き方という本を図書館から借りてきて、いろいろ研究しました。
今回は海外旅行ということでも主治医に健康診断書を書いてもらったので乗船時に船医に提出ということになります。
英文診断書については旅行代理店に聴いてみても、あまり知らないようなので、やめにしておきました。
海外セキュリテイなしのwifiちょっと接続練習してみます。

ゴールデンウイークにぶつかっているので搭乗まで立って待っていたら疲れそうなので、休めるところは
ないかとルフトハンザのHPを見ていたらビジネスの場合はグループである、ANAのANAラウンジが使えるような話になっている。
ANAのラウンジはANAのチエックインカウンターの近くにあるのは解るけれど、ルフトハンザのチエックインカウンターとも近いのか・・・
現実に行ってみればのお楽しみと・・・いうよりあまり離れていると大変ですね~

行ってみてのお楽しみ~が多すぎ・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる