スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アテネのタクシーにやられる。

ピレウス港に入港して、今回期待していろいろ調べていたギリシアのアテネです。

落書きだらけの港町をバスはアテネ中心部に入り、シャトルバスが出発するホテルにつきました。
ここから、かねてから予定のタクシー
リカヴイストの丘に向かいます。
リカヴィストはロープウエイがあり、頂上に登れるようになっていますが、運転手は頂上近くまで行ってしまったため50メートルぐらい歩いて登るはめになりました。
IMG_0984w.jpg


中央に見えるのがアクオポリスの丘です。
IMG_0981w.jpg

このあと地下鉄にのり(これはさほど難しくない)
考古学博物館に行きました。
IMG_0988w.jpg
見学してみたけれど、思ったほどのことはなく、憧れ霧散という感じでした。
このころから配偶者が疲れたと言いだし、博物館の前に止まっていたタクシーに乗って駅まで行くことにしました。2~3キロ程度かと思いますが、なかなか着きません。結局駅からさらに2~3キロぐらい行ったところの駅もないところで降りる羽目になり・・・
2千円ほど余分に取られたけれど、まあそれはいいとしても、訳のわからない場所ではどうしょうもない。
ちょうど歩いてきた女性が英語を解ったので地下鉄の場所を聴いたら目的の駅の2つ離れた場所だと。
全く不愉快なことになりました。、客待ちをしているようなタクシーは止めたほうがよいという教訓を得ました(笑)

この雲助タクシー達のことはさておき、このアテネという街は変な街ですね。
物乞いが多すぎる・・・

パンを買っていたら、空缶を持った物乞いが来て、パン屋の主人おいたてられたり、小学生ぐらいの男の子がアコーディオンを弾いていると思ったら、お金を要求するということだったりする。
その妹らしい女の子が缶を持ってきたので無視しょうかと思ったら、眼があってしまい、その目力にやられて、2ユーロ硬貨をあげましたが、スキップしながら
帰っていく姿を見て、もっとあげれば良かったという気になりました。
また17~8歳くらいの母親とおぼしき女性が1~2歳ぐらいの子供抱いて座っているなど、それが演技だとしてもいくらかあげずにはいられない状態でした。
西洋では無視が当然かもしれません、結局、小銭振りまいてきました・・・
もちろん親切な人達とも出会っているのですが・・・

なにかグチャグチヤですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。