残金の支払いも終わり、だんだん現実味が。

EFBCA1EFBCA9EFBCB3E383A9E382A4E38396船舶

旅行会社から旅行代金の請求が来たので銀行に振込に行った。
振り込め詐欺とは思われないで済みました(笑)

もともと飛鳥の世界一周に乗ろうと思い。
しかし金額が1000万円を超えるため飛鳥基金なるものをつくり。ちまちまと積み立ててきて一昨年乗船の予定でしたが
義父の法事やら病気やらで機会を逸してしまい。
まあこれも運ですね・・・
それで1月ならば、医者もいいと言うので5月に1か月の地中海となっています。

積立金残っていますので、今回は添乗員がいるのですが、次回以降、個人旅行を想定して調べてみたら、
これが思いの外大変です。

特に連絡先・・・保険会社やクレジットカード、キヤッシャカード、JALやANA
どこの国に滞在しているかで国内の電話番号が異なっていたりするところもある。
それ以前に海外から電話など掛けたことないレベルなので少しパニックモード。

しかし、cruise_qm2さんに教えていただいた新生銀行のキャシュカードの請求手続きも終わり、
また、タブレットオフモードて使うGOOGLE翻訳のダウンロードといったようにすこしずつ進んでいます。

次のセレクトはスーツケースで、70リットルにするか、60リットルにするか(ソフトかハードか)と言ったところです。
最初はレンタルにしようかと思っていたのですが、取得や返還の手続きがめんどうなのでピーカンで買うつもりです。
郵船からの案内に飛行機会社のカードを持て来たほうが良いと言うので、申し込みました。

カメラは小さいのを買おうかと思っていたのですが、結局はすでに持っている一眼レフにしました。


最後まで悩みそうなのが以前にも記事にしたタブレットのwifiの問題です。
フリーはセキュリテイの問題あり、レンタルは1日当たり1080円だけれど30日ぐらいなので良い値段になりそうだし、
 ただレンタル用品の安心パックといったものは、海外旅行保険の損害賠償責任の範囲内なので、とくにかけることもないので、1080円だけということになりそうです。

ただJTBのホームページを見ると、海の上ではレンタルでも繋がりにくいみたいで・・・
街中でなくても寄港地でも繋がるレベルみたいです。
船旅でなければ、レンタルやホテルで無料Wwifiという手も大いに考えられるのですが、どうなる事やら
さらに調査中・・

タブレットでは地図を見ようかと思っていたのですが、飛鳥Ⅱがくれるだろう寄港地の地図を加工するといアナログ処理
(蛍光ペンなど・・・笑)でもいいかと。

あまり準備ばかりでもなんですから、
GOOGLEMAPやAISなどを見て楽しんでいます。

中東情勢のため飛鳥Ⅱの航路変更か 

42509.jpg

3月3日付けで郵船クルーズから、世界一周の変更予定が送られてきました。

ヨルダンについては情報蒐集の分析の結果、
ヨルダン国内観光及び空港がアカバ港までの移動についてテロリズムの標的とされる可能性が否定できない

一方アデン湾の海賊行為ですが、大型商船のハイジャック事件は2012年5月を最後に報告されていない。
小型ボートに追跡されるなどの襲撃件数も2011年をピークに著しく減少している。
また同海域の航行については国連安保理決議に基づき同海域ら派遣され海賊行為対処業務に従事している加盟国艦船等のサポートを受けられることになった。

要するに、以上の情勢に鑑み、組込ツアーA.B.Cを取りやめ
海賊行為に対処出来たから、乗船客はそのまま飛鳥Ⅱに乗船し続け(寄港地がムンバイからコーチンに変更)、
スエズ運河を通過しギリシアのロードス島やクレタ島に寄港トルコのクサダシで当初の予定に戻る

というスケジュールを検討中ということでした。

それにしても今回はスエズ運河航行にこだわったため、とんでもないことになったものです。
日本郵船は、かなり赤字になるかも・・・
世界一周は4月4日横浜出港なので時間が迫っており郵船の社員達はいろいろ大変でしょう。

世界一周も出来ない時代がそこまで来ているのですかね。
軍艦に守られながらの世界一周は緊張感があり過ぎて、タイムレスという具合になりませんね。

そろそろ申込金の支払いをするのですけれど、さすがに高い。
まあ、これも次の突破口かも知れませんので仕方ないところです。
もし行かないなら、外国船、
シドニーから横浜のクイーンエリザベスⅡあたりに触手が動くのですけれど、いずれ又、
船旅のブログを拝見しているうちに、外国船アレルギーも弱まってきて、個人手配で旅行してやろうかなどと威勢のよい
感じになってきています。




さらに準備は進む

barbara


飛鳥Ⅱの区間クルーズの催行については、2月下旬から3月上旬という話だったので、待っているのですが、
知らせがまだ届きません。
世界一周ついては催行は決まっていたのですが、スエズ運河危険とが上がったようで、
どうするのですかね。

さて一応催行ありと言うことで準備を進めています。
それにしても日本に電話をかける方法さえも知らないレベルなので、準備あり過ぎるのですけれど・・・

今回のクルーズは地中海なのですが、クルーズ最後はフランスのルーアンとなります。
本当はフランスはナントに行ってくれれば最高なのですけれど。

私のバンドルネームはbarbaraにしていますが、
私にとってシャンソンはバルバラに始まりバルバラに終わると言った具合で、その中で、『ナントに雨が降る』は
いかにもバルバラと言った曲です。
以下、ああさんのHPから。

彼女の歌は太陽がいっぱいには合わないですよね。

レンタルルータについてはト゜コモの安心サポートでタブレットの接続を聴いたので、その点は問題はなさそうですが。

空港についても、何やら広そうで。一度下見してこようかなどと弱気になっています、。

飛鳥にたどり着けば、当然、知れたるわが家と言う感じなのですが、オプションではなくて街中散策で、バールやカフェで飲み物や食事などを注文してみたいところなので、少しは、言葉の練習をしようと、超付け焼刃で
訓練しています。

スペイン語については
この方のHPを参考にさせてもらっています。

言葉とはこうでなくてはいけないですよね。なにも今ビジネスマンや学者になるわけではないので、
赤ちゃん言葉で『これはいくらででちゅか』程度でいいかも。

私も学生時代にこのような授業を受けていれば、少しはものになっていたのではないかなどと思ってしまいます。
つまらん授業だった。


中東情勢について

どうなるかと思っていたら送られてきました。

DSC02494ccc.jpg

この様子だと航行しそうですね。

さてこのところ調べていたのが、wifiなどの通信手段でした。

DSC02488cc.jpg

この海外におけるwifiについては、
①、上記のような船の通信手段を使う。航海中でもそこそこ使えるかも。かなり高い。まあ除外ですね。
②、海外旅行用レンタルルーターでwifiの電波を拾う。タブレットのインタネット環境の設定・・IDとパスワードはルーターの裏に書いてあるので、タブレットを操作して、ルーターを使えるように設定する

③ 無料のwifiの電波を拾ってインターネットにつなげる。
たとえば、ホテルだったら、無料のwifiサービスがあるところもあるのでパスワードなどを教えてもらい接続、カフェでも教えてもらえるかも知れない。
市町村でも登録すれば使えるそうだが、現実にはやり方が解らないので無理そう・・・
cruise_qm2さまに教えていただいたのがこの方法。
②か③のどちらですね。

海外レンタルルーターにするとドコモほどではないけれど30日近くなると結構なレンタル料となる。悩ましい・・・

次にユーロの調達の問題・・・
クレジットカードは危なそうなことが旅行記に書いてあったので、どうしょうかと思っていたところ、
新生銀のキャッシュカードが良いとのことなので、調べてみたら
キャッシュカードの盗難があったところで、口座残高から引き出しを1日当たり一万円を限度とすることが出来るので
これ安全と見ました。
なお飛鳥Ⅱ内部では、今まで通りクレジットを使う予定です。
飛鳥Ⅱでもユーロの換金するようだけれど、日本でユーロ札を調達してくれということです。

さて、ここでキャッシュカードが手に入ることになるので、海外ATMの使い方ということになるのですが、

visaplusというカードにすると、海外ATMの多くで使えることになります。

具体的に引出のシュミレーションはこちら

wifiについて、iかなり気になっていたところが、寄港地あたりに電波が飛んでいるかという問題。
もし、レンタルルーターを持っていって、繋がらないとすると、地上で使うことになる。地中海クルーズに行った人のブログでは、問題なく、電波は飛んでいるそうだ。
パスワードなどは日本で設定済みなので、ただ使うだけだなので簡単・・・←レンタル代金で利便性を買ったわけですね。

新生銀行のキャシュカードについてはこちら



cruise_qm2さま、さっそく新生銀行の口座を開設しようかと思います。
ご教示ありがとうございました。


ところでドレスコードルールの変更のお知らせがありました。
区間クルーズにおける最初の予定ではフォーマルナイトがあったのですが、インフォーマルに変更になりました。
カジュアルでジーンズの着用が認められたとあります。
個人的には、昼ならいざ知らず、そこまで崩さなくてもよいだろうと言う気がしますが、これもクルーズ人口を増やすための施策なのでしょうね。


世界一周区間クルーズすでに疲れる。

長くなりそうだったので続編です。
『パイプの煙』ではないので続々以上はないと思いますが。

a01_12.jpg


国内旅行ならあり得ないことだけれど、
海外旅行については無知なものだから、いろいろ調べることになる。

旅行の仕方本を読んでいると、イタリアなとででは食事をするところがパール、カフェ、レストランがあるみたいだが、
レストランの服装要件は緩いのか、喫茶だけでも入店しても良いものやら?

ATMの操作方法。クレジットカードは飛鳥Ⅱの船内で使うため持ってくけれど
クレジットカード、パスワードをスキミングされたりして、現金を引き出されるとか、スリに回りを取り囲まれ、スラれる。
スーツケースを勝手にポーターのように運び、運び賃を請求されるだとか、マイナスイメージのことが結構書いてある。
このまえダイヤモンドプリンセスで一緒になったご夫婦の話だと、知人がひったくりにあったとか、夜は出歩かないほうが良いなどと、治安が悪いようなことを言われていました。

その他、タブレットを持っていこうかと思っているのですが、この前のダイヤモンドプリンセスのときは、地上の灯りがみえる位置なのに、海上ということで、タブレットでインターネットが見れなくなった
ということがあったので、地中海はどうなるのか?
これは現実に行ってみないと解りかねますね・・

格安のwifi機器のレンタルがあるみたいだけれど、はたして上手に設定できるのか、
ドコモなら聞けば教えてくれて設定までもやってくれるだろうけれど、使用料が1日3000円ぐらいかかるようで
30日のルーターレンタルだと30日として9万円・・・
どうしますかね・・・全然使えず荷物になったら残念ということになるでしょう。
ダメージを軽減するため一度1週間程度の海外旅行で試してみたいものだと思います。

だいたい陸上にいるときには使う機会があまりないことでしょうから・・・
ダイヤモンドプリンセスのご夫婦は、旅行には思っていないことがあり、それも楽しいなどどいってましたが・・・

本や、聞いた知識が増えていくに従い、かなり疲れてきました。(笑)
イスラム国のためにこのところ航路の状況に変化が生じたものだから、世界一周に出港する飛鳥Ⅱをどうするか
いまごろ、日本郵船はバタバタでしょう。

私としても、いろいろ調べたところで中止になったらどうしょうもないのですけれど。

ダイヤモンドプリンセスでは、円とドルとの自動両替機の使い方が解らなかったけれど、
クレジットカードによる現地通貨引き出しについては
引出方法の仕方
が解ったのでリンクしました。

このほか、言葉の問題、う~ん、さらに疲れました(大笑)

プロフィール

南の風

Author:南の風
360度、海、やはりいいですね。
最近は客船ばかりだけれど、フェリーも好き
男性

船好きの人もそうでない人もコメント歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる